読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なないろ日記 ~りんごの国から~ 

読書・折り紙・エコたわし作り・靴下わっか指編み・お絵かき・展覧会 あれもこれもと、七色にコロコロと襲い来る趣味との戦いの壮絶な記録!!

『消滅世界』村田紗耶香さん著 読了

読書

あらすじ

『消滅世界』村田紗耶香さん著

「セックス」も「家族も、世界から消える
日本の未来を予言する圧倒的衝撃作

壮大な世界。
でも、これは母と娘の物語ではないだろうか。
さすが村田紗耶香。
この作家はすごい。
-------中村文則

見たこともないほど
恐ろしい「楽園」が、
ここにはあります。
-------岸本佐知子

世界大戦をきっかけに、人工授精が飛躍的に発達した、もう一つの日本(パラレルワールド)。人は皆、人工授精で子供を産むようになり、生殖と快楽が分離した世界では、夫婦間のセックスは〈近親相姦〉とタブー視され、恋や快楽の対象は、恋人やキャラになる。
そんな世界で父と母の〈交尾〉で生まれた主人公・雨音。彼女は朔と結婚し、母親とは違う、セックスのない清潔で無菌な家族をつくったはずだった。だがある ことをきっかけに、朔とともに、千葉にある実験都市・楽園(エデン)に移住する。そこでは男性も人工子宮によって妊娠ができる、〈家族〉によらない新たな 繁殖システムが試みられていた……日本の未来を予言する衝撃の著者最高傑作。

amazonから引用

 未来の日本

『コンビニ人間』で第155回芥川賞受賞をした村田紗耶香さん。


早速他の作品も読んでみたいと手を伸ばしたのは、2015年12月に発売された『消滅世界』だった。クレイジー紗耶香と呼ばれる謎に迫るべくディストピアな世界が広がっている。

愛し愛されて子どもを授かり、共に育てる。
当たり前の世界が消滅するのだ。

人工授精による妊娠、性行為などはほとんど誰もしなくなるのだ。
夫婦間の性交渉は近親相姦として罰せられる。妻も夫も外に恋人を作る。
新しい「家族」の形すらも、しだいに人工子宮の開発により男性も妊娠が出来るようになったことから消滅へと進んでいく。

世の中が、清潔さを欲し、クリーンな世界でしか生きられない。
クリーンとは、人と違うことを嫌う。
「普通」という概念の狂気で発狂をする。

こんな世界があるはずないじゃないか!!!

 

という気持ちがすっかりどこかへ消えてしまい、もしかして現在の晩婚化や未婚率の高さ、草食男子だとセックスレス夫婦とかっていう少子化の原因は「清潔」や「孤独知らず」な精神世界の偏りからすでに芽を出しているのかもしれない。

 

アニメのキャラクター

秋葉原のイメージが強いのだが、アニメのキャラクターにコスプレしてる若者の中には、キャラクターに恋をしてる人も多いのだろうか?
現実世界のヒトとリアルな恋愛は出来ないのだろうか?いや、「あっちの世界」の恋愛が「普通」となっているから、現実の恋愛は意味不明なのだろう。

『消滅世界』では、アニメキャラに恋をしているのだが、その歴代のキャラ全てを大事に袋にしまって連れ歩いている。ほっこりするような、むしろ捨てられない消えない何かを暗示しているのか、しだいにキャラと恋愛する行為すらが「正常」に見えてくる。

ディストピア

ディストピアとはユートピア(理想郷)とは正反対の社会である。
村田紗耶香さんの描くディストピア的社会では、主人公は他者とのつながりを探りながら、世界ともつながろうとする。

そして、その繋がりを失い始めた時、主人公は「正常」という名の狂気に発狂していく。

 

ラスト・・・怖っ

ディストピア小説のラストにふさわしく、読者へ世にも恐ろしい「楽園」の門がゆっくりと開いていく。嗚呼、怖いよおおおおお

 

ディストピア小説は、多くの人には受け入れられない分類かもしれない。
しかし、社会的問題を鋭く突いてくるから気分も悪くなる一方で焦りと恐怖の他に「考えてみよう」といった不思議な感情が生まれる。この世界の移り変わりに、決して目を背けずに向き合ってみるのも時にはいいものだ。

『私の消滅』中村文則さん著 読了

読書

『私の消滅』中村文則さん

 
めちゃくちゃ暗いです・・・💦


なのに、読む手が止まらず退路を断たれるほど惹き込まれた2時間。
表装からして『教団X』と同じような香りがプンプン・・・

 

純文学とミステリーを融合させ必死でメッセージを突きつけてくる。

 

ネタバレ無しで読んで欲しい

 

現代の脳科学では、すでにあり得るのか?と、リアルに現実化しそうで怖い思いをしながら一体どうなってしまうのだろう?と、目が離せなくなる。

誰が被害者で、一体加害者はどうやって作られていくのか?

目を逸らしてはいけない、そんな悪か善かではない場所に連れていかれた。

 

ラストのあとがき・・・

中村文則氏からのメッセージは、『教団X』のメッセージと何ら変わってなかった。

 

この世界は時に残酷ですが、共に生きましょう。(中村文則

私、これかなり好きな作品になりました。

前作の『あなたが消えた夜に』と、『教団X』とたぶん3セットだと思う。
周囲からはワケワカメ作品と評判の『あなたが消えた夜に』を読んでみよう。

 

 

 

 

 

『アンマーとぼくら』有川浩 読了

読書

『アンマーとぼくら』有川浩 P301

「アンマー」とは沖縄で「お母さん」のこと。
有川浩さんが、かりゆし58の名曲「アンマー」に着想を得たお話だとか。

かりゆし58「アンマー」 - Google 検索

 

沖縄を舞台に(一部北海道も)父と息子、そして父の再婚相手の「おかあさん」との家族の絆のお話。

ってか、お父さんって人がさあ、坂本克己ってんだけど本当に子どもなんだよ。

飛行機に乗れば、子どもを差し置いて窓際を陣取ってしまうし

大声あげてはしゃいじゃいけない場所で、もちろん大声あげちゃうし

 
何よりも、オジギソウの葉に触って閉じる様を観るのが大好き。

後ろから歩いてくる子どもを泣かせてまで、全てのオジギソウの葉を閉じてしまうのだから正真正銘の子どもって言ってもいいくらだ。

そんな父を見ていたせいか、冷静で場の空気を読むような子どもだった主人公の「リョウ」。

小4で母を亡くし、翌年には父親が再婚するっていう頭に血が上るようなジェットコースターに乗せられて物語が進む。

 

ここまで子どもな人を描ける有川さんって、「憎めないわね」って駄目な男を許してしまうタイプだったりする?

子どもな父親に隠された秘密ってところを丁寧に描くよりも、その「子どもっぷり」を前面に出してきたら途中までイライラしたのは確かだわ。

どことなく、私自身とも共通点があったので「憎めないわ」と私もチラッと思ったけどね。

この父親って、息子のためによかれと思ってやっていることが裏目に出てしまう。
頼って欲しい!と精一杯に頑張るんだけど、頼ってもらいたい息子には淋しい思いを抱かせてしまうんだよね。

みんな、よかれと思っているのにすれ違うことって人生あるあるだわ。

不思議な話

今回は社会派な作品でもなければ胸キュンものでもなくて、「絆」をテーマにした家族や友情や土地の話かな~。

読了後、なんだそれ!ってボーっとしちゃったけど、有川さんが描きたかった「よかれと思って」の部分だけはしっかりと私の胸に残っていた。

金ちゃん

登場人物で「リョウ」の友人の金ちゃんが実にいいんだよ。

リョウと金ちゃんの友情に涙しちゃったわ。

 

北海道土産の激マズなジンギスカンキャラメル、ちょっと食べてみたくなったわ。

 

「過去は変わらない。変えられるのは今だけだ。」

よかれと思って、大切な人が子ども染みた態度で空回りしてるのを見たことがあるかな?
私の場合、自分がそうなってしまっている時が多々ある。💦


そんな時に冷めた態度や言葉がどれほど相手を傷つけるのかを知ってほしい。
きっと、うんざりした気持ちに嘘はつけないだろうけど・・・

今、この一瞬が戻れない過去になってしまうかもしれない。
でも、それも人生。確かに正しく歩いていくことなんてできやしない。

 

帯には「これは、現時点での最高傑作です。」有川浩 とある。

いや、最高傑作は他にあった気がするけど・・・💦

それにしても装幀が素敵!

コバルトブルーな沖縄の海の表紙をめくると、沖縄風の絵柄が登場する!
これには唸りました。
昔、こんな柄の振袖が流行したっけ!懐かしい~。(たぶん27年前)

f:id:nike9350:20160805154126j:plain

『コンビニ人間』村田沙耶香 読了

読書

『コンビニ人間』村田沙耶香  P151

第155回芥川賞受賞作!


芥川賞なのに面白いっ。( ̄▽ ̄)
2度読みしちゃってますわ。

あらすじ

今では「無いところが無い」コンビニという透明な箱の中に存在する「コンビニ店員」の生態系から、「正常な人間という気持ち悪さ」と生き辛さ、その中で生きていくしかない「適応」に迫った作品。

著者のクレージー沙耶香氏も、実際にコンビニで働きながら作家生活を送っている。
まさしくリアルコンビニ店員だ。

主人公の古倉恵子は、18歳から18年間コンビニで働き続けた36歳、未婚女性だ。
彼女は、ちょっと変わった思考で世の中を見ている。

例えば幼稚園のころ、公園で死んでいた青い綺麗な小鳥に向かって取り囲んだ子ども達は「どうしたんだろう?」と泣いているのに、恵子は「今日、これを焼いて食べよう」と言うような、大人をざわつかせ奇妙がられるような子どもだった。

そんな古倉恵子がコンビニで出会ったのは「人間」ではない「コンビニ店員」として正常な部品に生まれ変わった自分だった。

クレージー紗耶香

村田沙耶香氏が何故クレージー沙耶香と呼ばれているのか誰か教えて欲しい。

鋭く抉るわけでもないくせに、私も心当たりあるとザワザワした気持ちにさせながら「みんな同じじゃなきゃいけない」といった世の中の気持ち悪さから救いの手を差し伸べている。

芥川賞受賞作品の選考方法何か変わった?ってなくらい、早急に世の中に必要なメッセージ性を孕んだテーマなだけに多くの方に是非とも読んで欲しい作品‼️

戦う私

私の事件簿
高熱が来た!
寝起きに喉が別人⁈な痛みで「こりゃ、口開けて寝ていたかな?」と、夫を問いただすと、肉子ちゃん(西加奈子著「漁港の肉子ちゃん」)並みのイビキをかいていたらしい。
股関節を筆頭に肩の付け根などリンパが痛み始めた。
くるぞ〜くるぞ〜
昼過ぎに、ガタガタと歯の根が合わないほどの震えが来た。38.2と体温計が宣戦布告を告げた。
f:id:nike9350:20160525082529j:image
戦うべきか?
子どもは幼稚園だし、今日は用事もない。
戦う環境はバッチリだ。

ここでいつも迷うのだ。
白血球やら色々なもんが一生懸命菌と戦っているのに、解熱剤を使って戦線離脱すべきではないと。
ふうふう言いながら寝ていた。

「ああ、私は戦っているんだー」と、恍惚な気分に酔いしれながら…

で、夫が帰宅した。
戦っている私をまるっきり無視して半ば強引に車に私を押し込んで病院に連れ去った。ヒドイ…(T_T)

ダメだ!抗生物質や解熱剤なんかっ。
私の身体が一生懸命戦っているってのに、何て事をしやがるんだっ。と、心の中で悪態つきながら歩く姿はほぼ幽霊。

診察結果は「咽頭炎
喉に薬を塗り、吸入してかなり楽になった。うがい薬ももらったよ💓

解熱剤に手を染め、白旗あげた私だが熱は下がらず、再び悪態をつく!

「もっと強い薬、持って来いヤァー」
o(`ω´ )o
すでに他力本願バリバリである。

不思議だったのは、水分とってないくせに、夜中にトイレに5回も通う。

出る出る。なぜだ?

朝になったら37度台に熱が下がっていた。

勝った…

すぐさま、うがいをガアガアとして、食事もとらずに薬をかっ込んで、再びあの恐ろしい高熱がやって来ないように防御する。

只今、私の体内から激しく痰が放出され始めている。
菌がゾロゾロ逃げ出してんだな。



広告を非表示にする

『まにまに』西加奈子著 読了

読書

6年分のエッセイ

『まにまに』西加奈子

この作品は、2009年4月から6年分のエッセイが

「第1章 日々のこと」「第2章 音楽のこと」「第3章 本のこと」

の、三部構成で綴られている。

この構成、結構いい!最初に、夢中にニシカナのプライベートな思考をむさぼり尽くし笑い転げ、途中で知らない系の音楽に少し頭があさってに向かい、最後にペンとノートを用意して新大陸発見!なごとくオススメの本をチェックする。

いやあ、堪能した。

日々のこと

「日々のこと」は、2009年からの2015年でニシカナの生態系を垣間見ることができ、彼女の小説を何作か読んでいる読者であれば、納得の私生活である。

エコに見えた女性と個室二つのトイレで遭遇したニシカナは、そこに音姫を探すが・・・

 

ない、ない、ない。

用便の音を消すために水を使うのは地球によろしくないから、流水音を真似た音を流すことによって水を守る音姫が、なかったのだ。

しかし、エココンシャスで綺麗で優しいあの女(と勝手にニシカナが思い込んだ女性)がいるのだからと決心して、音消しの水を流さずして、用を足す・・・

 

それが、エコなんだ!

 

私の「音」は、「地球さん、ありがとう」「これからもよろしくね」の、メッセージだ!

と微笑みながら用を足し・・・清々しく個室を出た。

例の女性は、少し会釈をして、後から個室に入り、どことなく自分を誉めてくれているような、優しい目をしていた。と、感じているニシカナに我慢できず爆笑する私。

 

すると、ジャーッという「本当」の流水音に、からからからからからから!と、ものすごい量のトイレットペーパーをむしる音、再びジャーッ

洗面所での女は、じょぼじょぼじょぼーと水を流してペーパータオルーをがががががっと取って、また会釈して出て行った。

 

 

ニシカナが勝手に予想をしてふみにじられ、落ち込むさまがこれでもか!と描かれていて笑えるのだ。

しまいには、

「彼らは何も悪くない。私の、拭いがたい偏見がいけないのだ。」と締めくくる。

 

ありがとう!ニシカナ!

日々のことだけで、かなりボリューミーな作品になってるエッセイだが、三部仕立てでは、ここだけでもお腹いっぱいで上出来だ。

音楽のこと

ごめんなさい・・・
私、ニシカナとは音楽の趣味が全く合わないという事を気づかされて流し読みしたわ。
youtubeで検索して聴いてみると、知らない楽曲で「ふむふむ」と体が揺れ始めるのだが、あえてハマって聴こうという気はおこらなかった。残念。

 

そこにあったのは・・・

ブラックミュージック系だった。

きっと、好きな人にはたまらない第2部だろう。

本のこと

さあ、期待するのは作家が紹介する「本のこと」だ。
もう、メモ帳用意して読みたい本チェックしまくったよ。

私が読むリストしたのはこちら

『しろいろの街の、その骨の体温の』村田沙耶香

『レインツリーの国』有川浩著 読了

読書

あの頃読んだ本は今・・・

『レインツリーの国』有川浩

 

物語は、高校時代に読んだライトノベルSFアクション『フェアリーテール』はその結末が悲しくて、作者の拒否されたようにも思え、大好きだったのに二度と読み返せない本になってしまっていた。

ところが社会人になって10年後に読み返した時、「あの物語のラストはあれしかなかった」と思った・・・

 

こんな経験、私にもあります。
私の場合は村上春樹の「ノルウェイの森」です。

 結末というか、主人公にどうしても近寄れなくて、むしろこんな奴いたらグーでパンチだ!って思って、現れるの待っていたぐらい「ケッ!」と唾を吐いてしまいました。

それが、大人になりすぎた40代に読み返したら、トクトクトクッと五臓六腑に染み渡り握った拳を引っ込めて、流れてもいないビートルズのナンバーに足がリズムを刻むほどでした。

 

『レインツリーの国』の書き出しは、入社三年目の向坂伸行が初ボーナスで買って三年目の付き合いになるノートパソコンで、ラストがトラウマになっていた物語のタイトルを検索した場面からスタートする。

 

『フェアリーテール』・・・

架空の物語だとしても、伸行のトラウマを知って凄く読みたくなった。
モデルになったラノベってあるのかな?

 

で、ネットサーフィンしていると、そういう時ってあるんだけど、そんなひょんな拍子から辿りついた検索結果の本の感想に伸行は前のめりで夢中になっていく。

 

「レインツリーの国」というブログサイトに書かれていた言葉が、とても丁寧で文章の端々から真摯な物の考え方が伝わってくる。そんなサイト管理者ひとみの人物像に、伸行は一瞬で心を奪われてしまった。

 

そこから、メールの交換がはじまる・・・

SNSでの出会い

2006年の作品では、すでにSNSが出会いの道具として有川マジックは直球を飛ばしている。

顔が見えないから、言葉を丁寧に伝えるのがいかに大事かが良くわかる。
私はこの主人公のように、これほどに丁寧に文章を入力しているだろうか?彼女が、言葉をしっかりと飛ばすことなく、わかりやすく真摯に書いているのには理由があった。

あえてネタバレはやめとく

ネタバレしちゃうと、読み始めの最初に伸の立場で彼女を感じる事ができなくなるので、是非作品を手に取って感じてほしい。

私は、P98にさしかかった時に、こみあげる涙をこらえる事がどうしてもできなかった。

平日の金曜日、何か悩みがあるわけでもなく、外は夏日のように暑い五月の昼下がりに主婦が目頭を押さえて泣きむせぶ。

有川さん、キュンキュン男子を描かせたら私ん中ではナンバー1です!!!

でも、途中から伸がうざったくもなってくる。

それって、彼女に自分が憑依してしまったのかも?そこまで、この作品は、読者を作品の中へ連行してどっぷりと主人公のどちらかへ意識を飛ばせて心をぐらぐら鷲掴みにしてしまうようだ。

 

この作品を読んだ後、私はもっと人に注意深く、そして寛容になりたいとそう思った。