読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なないろ日記 ~りんごの国から~ 

読書・折り紙・エコたわし作り・靴下わっか指編み・お絵かき・展覧会 あれもこれもと、七色にコロコロと襲い来る趣味との戦いの壮絶な記録!!

『終末のフール』伊坂幸太郎さん著 読了

読書

『終末のフール』伊坂幸太郎 P301

 

最初に題名見た時は、ハライチのコントかと思って声に出して真似てみたよ。o(≧▽≦)o

これ、目次…
終末のフール
太陽のシール
籠城のビール
冬眠のガール
鋼鉄のウール
天体のヨール
演劇のオール
深海のポール

 

8年後に小惑星が地球に堕ちて、地球が滅亡する。

混乱の5年が経過して、あと残すところ3年の今をどう生きているかを描く8つの短編集。
舞台は、仙台北部の団地「ヒルズタウン」の人々。

 

なぜ地球が滅亡すると分かった混乱の時や、滅亡するその直前をドラマチックに描く事なく、あと3年ってとこの1番面白味に欠けそうな時期にスポットを当てたのだろうか?と読む手を休めて考えたりした。

 

その答えはきっとこれだ。

 

ふと立ち止まらせる言葉がハライチなコントの8編に所狭しと散りばめられているのだ。

いちいち胸をうつ一言に、自分の過去や現在を擦り合わせて黄昏る。

特に「鋼鉄のウール」がいい!


苗場というキックボクサーの話で、どんな状況でも何ら変わりがない。そんな変わらない安心によって誰もが希望を見つけ、足元に明かりが灯る言葉が転がっている。たぶん、読者はこの章に救われてるんじゃないかな。

 

「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」

 

「あなたの今の生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」

読了後に、この言葉が本から浮かび上がって私の胸にストンと落ちた。

伊坂さんってホント、言葉の魔術師だね。

広告を非表示にする